October 9, 2018 / 4:37 PM / 15 days ago

ユーロ圏金融・債券市場=伊国債利回り低下、トリア経財相の「あらゆる手段尽くす」発言で

    [ロンドン 9日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                                                      
 米東部時間12時2分                                                                   
 *先物               清算値   前日比  前営業日終  コード                            
                                               盤                   
 3カ月物ユーロ       100.32     0.00      100.32                           
 独連邦債2年物       111.79    -0.01      111.80                            
 独連邦債5年物       130.57    +0.05      130.52                            
 独連邦債10年物     158.09    +0.14      157.95                            
 独連邦債30年物     171.88    +0.48      171.40                            
 *現物利回り         現在値   前日比  前営業日終  コード                            
                                               盤                   
 独連邦債2年物       -0.553   +0.010      -0.563                                 
 独連邦債5年物       -0.047   +0.004      -0.051                                 
 独連邦債10年物      0.549   +0.004       0.545                                  
 独連邦債30年物      1.163   -0.006       1.169                                  
                                                                                     
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、イタリアのトリア経済・財務相が市
場の混乱が金融危機に転じた場合、落ち着きを取り戻すために必要なあ
らゆる方策を講じる方針を表明したことを受け、同国の国債利回りが低
下した。    
    トリア氏は議会委員会で、欧州連合(EU)と2019年予算案に
ついて建設的な協議を行いたいとの姿勢を表明。欧州中央銀行(ECB
)のドラギ総裁が12年に通貨ユーロを救うためにあらゆる措置を講じ
る方針を表明したことに言及し、「ドラギ氏のように金融危機時には政
府は必要なことを実行する」と述べた。
    イタリア国債利回りは最大11ベーシスポイント(bp)低下。終
盤の取引で30年債利回りは3.96%となっている。同
利回りは14年8月以来初めて4%台に乗せていた。    
    キャピタル・エコノミクス(ロンドン)のシニア欧州エコノミスト
、ジャック・アレン氏は「ディマイオ副首相とサルビーニ副首相が市場
の圧力には屈しないと発言したものの、トリア氏の発言でイタリア政府
はある時点でそうなる可能性があることが示された」とし、「このため
、市場はある程度の落ち着きを取り戻している」と述べた。ただ「経済
成長が期待外れとなり、財政赤字が拡大するにつれ、イタリア国債利回
りは再び上昇する」との見方も示した。
    イタリア5年債は2.89%。同利回りは3.13%と
、約5年ぶりの水準に上昇していた。イタリア10年債利
回りは3.52%で取引を終了。一時は3.71%と、4年半ぶりの水
準に上昇していた。
    独10年債とイタリア10年債との利回り格差は一時312bp近
辺と、5年ぶりの水準に拡大。その後は297bpに戻している。
    ただミラノに拠点を置く金利ストラテジストは「不安定性と先行き
不透明性は払拭されない」と指摘。「イタリア政権、EU機関、金融市
場との間で権力闘争のようなものが起きており、こうした対立は解消か
らは程遠い状態となっている」と述べた。   
    スペインとポルトガルの国債利回りは上昇。スペイン10年債ES1
0YT=RR利回りは5月、ポルトガル10年債利回りは6月以
来の高水準を付けた。ただ大幅に売られるような事態にはなっておらず
、イタリアによる波及的な影響はそれほど大きくないと考えられている
。   
    独10年債利回りは0.55%、仏10年債FR10YT=R
R利回りは0.90%と、それぞれ1─2bp上昇した。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below