January 25, 2019 / 5:56 PM / a month ago

ユーロ圏金融・債券市場=利回り上昇、米国債に追随

    [ロンドン 25日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                                                      
 米東部時間12時24                                                                    
 分                                                                 
 *先物               清算値   前日比  前営業日終  コード                            
                                               盤                   
 3カ月物ユーロ       100.31     0.00      100.31                           
 独連邦債2年物       111.91    -0.01      111.92                            
 独連邦債5年物       132.83    -0.17      133.00                            
 独連邦債10年物     165.07    -0.25      165.32                            
 独連邦債30年物     184.68    -0.08      184.76                            
 *現物利回り         現在値   前日比  前営業日終  コード                            
                                               盤                   
 独連邦債2年物       -0.574   +0.010      -0.584                                 
 独連邦債5年物       -0.353   +0.033      -0.386                                 
 独連邦債10年物      0.146   +0.021       0.125                                  
    
    ユーロ圏金融・債券市場では米国債利回りの上昇に歩調を合わせ、ユーロ圏国債利回
りも上昇した。
    米国では堅調な企業決算を受け株価が上昇。資金が国債から株式に流れたことで国債
価格が低下、利回りが上昇した。一部市場関係者は、米連邦準備理事会(FRB)当局者
がこれまでの予想よりも規模が大きい債券ポートフォリオを維持すると近く決定すると米
ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が報じたことも要因になったとしている。
    みずほの金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏は、「経済心理はしばらく前
から悪化していたが、現在は中央銀行が反応している点で昨年12月時点の状況とは異な
る」と指摘。「今週は日銀が金融政策決定会合、欧州中央銀行(ECB)が理事会を開催
したが、(来週は)FRBもハト派的なトーン、もしくはハト派的なスタンスを示す公算
が大きい」と述べた。    
    日銀は現行の金融政策を据え置くと同時に、1月の「経済・物価情勢の展望(展望リ
ポート)」で物価見通しを引き下げた。 ECBも主要政策金利の据え置き
を決定。ドラギ総裁は理事会後の記者会見でユーロ圏の経済成長に対するリスクは下向き
に移行したとの認識を表明した。
    こうした中、ユーロ圏国債利回りは一時少なくとも約6カ月ぶりの低水準を付けたも
のの、その後は米国債利回りに追随し上昇に転じた。    
    独10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)上昇の0.197%。
仏10年債利回りも一時1年半ぶりの低水準となる0.582%を付けたが
、その後は上向いた。
    ECBは今回の理事会で、金利を少なくとも夏にかけて現在の記録的な低水準にとど
めるとのガイダンスを維持。ただTSロンバードのグローバル・マクロ部門責任者、シェ
ウェタ・シン氏によると、市場では初めての利上げは2020年6月まで実施されないと
の見方が大勢となっている。
    利上げ開始が遅れる観測に加え、ECBが新たな貸出条件付き長期資金供給オペ(T
LTRO)を3月に発表する見方が出ている。    
    前出のブーベ氏は、特にイタリアの銀行がTLTROの恩恵を受けるとし、このとこ
ろのイタリア国債の堅調な動きはこうしたことでも説明できると指摘。イタリア10年債
利回りは一時3bp低下して2.64%を付けたが、その後は上向き、ほぼ
横ばいとなった。前日の取引で同利回りは8bp低下していた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below