Reuters logo
ユーロ圏金融・債券市場=利回り上昇、ECB議事要旨など材料視
November 24, 2017 / 6:03 PM / in 21 days

ユーロ圏金融・債券市場=利回り上昇、ECB議事要旨など材料視

    [ロンドン 24日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                                                                  
 米東部時間12時52分                                                                                              
 *先物                       清算値      前日比      前営業日終盤  コード                                       
 3カ月物ユーロ               100.33        0.00            100.33                                   
 独連邦債2年物               112.21       +0.01            112.20                                    
 独連邦債5年物               131.65       -0.01            131.66                                    
 独連邦債10年物             162.86       -0.20            163.06                                    
 独連邦債30年物             167.14       -0.48            167.62                                    
 *現物利回り                 現在値      前日比      前営業日終盤  コード                                       
 独連邦債2年物               -0.719      -0.001            -0.718                                         
 独連邦債5年物               -0.327      +0.002            -0.329                                         
 独連邦債10年物              0.361      +0.013             0.348                                          
 独連邦債30年物              1.135      +0.017             1.118                                          
 
    ユーロ圏金融・債券市場は、国債利回りが上昇。欧州中央銀行(ECB)が前日公表
した10月理事会の議事要旨が引き続き材料視された。
    ECB議事要旨からは、資産買い入れ策の延長について幅広い合意を得た半面、オー
プンエンド(無期限)型の資産買い入れプログラムを維持するかどうかを巡り意見が大き
く分かれたことが明らかになった。
    また一部メンバーは、インフレが引き続き成長率を下回る緩慢な伸びにとどまったと
しても、資産買い入れを終了することができるように量的緩和策をインフレ動向と関連付
けるのをやめるべきと主張した。
    DZ銀のアナリスト、セバスティアン・フレシュナー氏は、従来型の政策措置とイン
フレ動向を関連付けることによって、ECBは「遅いより早い時期に緩和策からの脱却が
可能となる」との見方を示した。
    指標独10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)上昇。ECBの
資産買い入れによる恩恵を最も受けている南欧債利回りはアンダーパフォームし、2-4
bp上昇。
    イタリア10年債と独10年債の利回り格差は前日比5bp拡大し、
145bpとなった。
    総選挙後、連立交渉が決裂したドイツの政情も注目される。第2党のドイツ社会民主
党(SPD)はこの日、政治停滞を回避するため、メルケル首相と連立協議をすることで
合意し、主要国債利回りに上昇圧力がかかる格好となった。
    また、独IFO経済研究所が発表した11月の業況指数は予想に反し上昇し、過去最
高を記録。同国経済が第4・四半期も好調に推移していることを示唆した。
    こうした中、政権崩壊の危機に見舞われているアイルランド10年債
利回りが3.5bp上昇し、0.61%となった。少数与党の統一アイルランド党に閣外
協力する第2党の共和党は、フィッツジェラルド副首相に対する不信任案を議会に提出し
た。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below