April 4, 2018 / 4:44 PM / 6 months ago

ユーロ圏金融・債券市場=利回り低下、貿易戦争懸念で安全資産に買い

    [ロンドン 4日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                                              
 米東部時間12時26                                                            
 分                                                           
 *先物            清算値  前日比  前営業日終  コード                        
                                           盤                 
 3カ月物ユーロ    100.33    0.00      100.33                         
 独連邦債2年物    111.95    0.00      111.95                          
 独連邦債5年物    131.22   +0.06      131.16                          
 独連邦債10年物  159.47   +0.17      159.30                          
 独連邦債30年物  165.62   +0.30      165.32                          
 *現物利回り      現在値  前日比  前営業日終  コード                        
                                           盤                 
 独連邦債2年物    -0.587  +0.006      -0.593                               
 独連邦債5年物    -0.097  -0.007      -0.090                               
 独連邦債10年物   0.500  -0.004       0.504                                
 独連邦債30年物   1.158  +0.001       1.157                                
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、米中間の貿易を巡る緊張の高まりを背景に安全資産に
対する需要が増大するなか、イタリア国債を中心に利回りが低下した。
    この日発表の経済指標でユーロ圏の物価上昇率がなお抑制された水準にあることが示
されたことも利回り低下の要因となった。
     中国財政省は4日、大豆、自動車、化学製品、一部航空機、トウモロコシ製品など
農産物を含む米製品106品目に対し25%の追加関税を課すと発表。商務省によると、
対象品目の2017年の輸入規模は500億ドルに相当し、米通商代表部(USTR)が
3日に明らかにした対中関税の対象輸入品目と同等の規模となる。    
    これを受けアジア、欧州、さらに米国でも株価が下落。ラボバンクのストラテジスト
、リチャード・マグワイア氏は「この日も世界的に株安となったことで債券市場は上向い
た」と指摘。また、「(ユーロ圏債券市場で)イタリア国債がアウトパフォームしたこと
は、ユーロ圏周辺国とリスク資産との間の相関性が薄れていることを示している」との見
方を示した。
    イタリア10年債利回りは4ベーシスポイント(bp)低下の1.74
%と、3カ月半ぶりの水準に低下。独10年債との利回り格差は124bpと、約2カ月
ぶりの水準に縮小した。     
    独10年債利回りは0.50%を再び下回り、前週付けた2カ月半ぶり
の低水準に迫っている。
    世界的な貿易戦争に対する懸念に加え、ユーロ圏のインフレ率がなお低迷しているこ
ともユーロ圏国債利回りの低下の要因となった。
    欧州連合(EU)統計局が発表した3月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値
は前年比1.4%の上昇となり、2月の1.1%から加速。ただ、多くのエコノミストが
注目するエネルギーと未加工食品に加えアルコール・たばこも除く指数の上昇率は3カ月
連続で1.0%にとどまった。    
    これを受け、アナリストの間では欧州中央銀行(ECB)による刺激策の引き揚げに
は時間がかかるとの見方が出ている。
    この日はユーロ圏の10年債利回りは総じて低下し、このほど付けた数カ月ぶりの低
水準近辺で推移。ただクレディ・アグリコルの外為ストラテジスト、マニュエル・オリベ
リ氏は「市場で警戒感は高まっているものの、リスク回避の動きが持続的に増大していく
とは予想していない」としている。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below