October 25, 2018 / 4:45 PM / 25 days ago

ユーロ圏金融・債券市場=利回り低水準維持、ECB総裁の均衡とれた発言で

    [ロンドン 25日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                                                      
 米東部時間12時4分                                                                   
 *先物               清算値   前日比  前営業日終  コード                            
                                               盤                   
 3カ月物ユーロ       100.31     0.00      100.31                           
 独連邦債2年物       111.98    -0.01      111.99                            
 独連邦債5年物       131.41    -0.03      131.44                            
 独連邦債10年物     160.16    -0.02      160.18                            
 独連邦債30年物     176.62    -0.16      176.78                            
 *現物利回り         現在値   前日比  前営業日終  コード                            
                                               盤                   
 独連邦債2年物       -0.659   +0.007      -0.666                                 
 独連邦債5年物       -0.186   +0.008      -0.194                                 
 独連邦債10年物      0.394   +0.006       0.388                                  
 独連邦債30年物      1.028   +0.009       1.019                                  
                                                                                     
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が理事会後の記
者会見でユーロ圏の基調的なインフレに自信を示すと同時に、ユーロ圏経済に対するリス
クにも言及したことを背景に、国債利回りが一時やや上向いたものの、このところの低水
準近辺に収束した。        
    ドラギ総裁は保護貿易主義の台頭のほか、新興国市場と金融市場動向を巡る「多大な
不透明感」が存在していると指摘。ただ「こうしたことが理由でECBがベースライン(
基本)シナリオを変更するかと問われれば答えは『ノー』だ」と述べた。    
    ドラギ総裁の記者会見中はユーロ圏国債の利回りは一時上向いたが、記者会見が終了
するころには利回りはほぼ横ばいか、わずかに高い水準まで戻し、このところの低水準近
辺に収束した。
    DZ銀行のアナリスト、パスカル・セゼッサー氏は「ドラギ氏はECBが刺激策の引
き揚げに向けた軌道から外れていないことを示すと同時に、過小評価したりパニックを起
こしたりせずにリスクを注視しているとのメッセージを発し、非常にうまいコミュニケー
ションを図った」と指摘。
    ラボバンクの金利ストラテジスト、リン・グラハム・テイラー氏は「ドラギ氏は勢い
が弱まっているとの認識を示し、特定の国が抱える要因などにも言及したが、通商を巡る
先行き不透明感がある中でも成長は潜在力に向かっているとの見解を示した」と述べた。
    
    独10年債利回りは一時0.378%と、1カ月半ぶりの水準に低下。
その後は1ベーシスポイント(bp)上昇の0.40%と、ドラギ総裁の記者会見開始前
とほぼ並ぶ水準に戻した。   
    ドラギ総裁はイタリアについて、予算案を巡り欧州委員会と合意が得られると確信し
ていると発言。イタリア10年債利回りは一時はリスク選好度の改善などを
受け低下したが、ドラギ総裁の記者会見が進むにつれ3bp上昇の3.50%となった。
ただ前日からはまだ11bp低い水準にあり、独10年債との利回り格差は直近の高水準
である311bpからは縮小している。 

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below