for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り急低下、景気懸念で安全資産に買い

    [1日 ロイター] - ユーロ圏金融・債券市場では、国債利回り
が大きく低下した。リセッション(景気後退)懸念が改めて意識された
ことで、安全資産としての国債に資金が流入した。
    欧州中央銀行(ECB)のユーロ圏分断化策への期待から、周辺国
と中核国の利回り格差は縮小した。     
    欧州連合(EU)統計局がこの日発表した6月のユーロ圏消費者物
価指数(HICP)速報値は前年比上昇率が8.6%と、前月の8.1
%から加速し過去最高を更新。市場予想(8.4%)も上回った。[nL4
N2YI1VY]
    ウニクレディトの戦略調査部門責任者、ルカ・カズラーニ氏は「消
費者物価統計で成長懸念が払拭されなかったため、利回りはこのところ
の低水準にとどまっている」と述べた。
    独10年債利回りは前日終値から約20ベーシスポイ
ント(bp)低下。一時1.16%と、6月1日以来の低水準を付けた
。ただユーロ圏消費者物価統計の発表を受け、1.41%に上昇する場
面もあった。    
    独2年債利回りも大きく低下。週初からの低下幅は30
bpを超え、週間ベースの低下としては3月以来最大となった。    
    INGのアナリストは「年末にかけてユーロ圏がテクニカルなリセ
ッションに陥るリスクが高いことに加え、来年はインフレ率の低下が予
想されているため、来年に追加利上げを実施する余地はほとんどない」
との見方を示している。    
    イタリア10年債利回りは一時20bp低下の3.1
9%。イタリアとドイツの10年債利回り格差は終盤の
取引で196bp。    
    コメルツバンクのアナリストは「ECBの分断化防止に向けた取り
組みが想定通りの効果をもたらしている」としている。     
 <金利・債券>                                            
 米東部時間11時5                                           
 2分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.10   +0.03     100.07         
 独連邦債2年物    109.53   +0.38     109.15          
 独連邦債5年物    125.35   +1.16     124.19          
 独連邦債10年    150.85   +2.07     148.78          
 物                                           
 独連邦債30年    166.36   +2.80     163.56          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物     0.501  -0.170      0.678            
 独連邦債5年物     0.925  -0.177      1.038            
 独連邦債10年     1.234  -0.140      1.371             
 物                                           
 独連邦債30年     1.564  -0.068      1.636             
 物                                           
 
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up