September 18, 2019 / 5:17 PM / a month ago

ユーロ圏金融・債券市場=周辺国国債に買い、米FOMCに注目

    [ロンドン 18日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                               
 米東部時間12時50                                             
 分                                               
 *先物             清算値  前日比  前営業日終盤  コード
 3カ月物ユーロ     100.41    0.00        100.41         
 独連邦債2年物     112.24   +0.03        112.21          
 独連邦債5年物     135.29   +0.09        135.20          
 独連邦債10年物   173.37   +0.50        172.87          
 独連邦債30年物   213.46   +2.46        211.00          
 *現物利回り       現在値  前日比  前営業日終盤  コード
 独連邦債2年物     -0.712  -0.010        -0.697            
 独連邦債5年物     -0.748  -0.013        -0.708            
 独連邦債10年物   -0.511  -0.033        -0.476             
 独連邦債30年物   -0.023  -0.063         0.051             
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、周辺国の国債利回りが低下(価格は
上昇)した。原油市場の安定化を受けリスク選好度が改善した。この日
の米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まっている。
    先週の欧州中央銀行(ECB)理事会以降、米連邦準備理事会(F
RB)はフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%引き
下げるとみられている。
    この日は、FF金利の実効レートが金融危機以来約10年ぶりにF
RBの誘導目標を突破。前日には翌日物レポ金利が急上昇しており、短
期金融市場で不安定な状況が続いている。
    こうした動きがユーロ/ドルや他の外為市場などに波及する兆しは
まだない。アナリストは、先週のECBの緩和策決定のほか、サウジア
ラビアの石油施設への攻撃で失われた生産量が月内に復旧する見通しを
受け原油価格が下落したことで、ユーロ圏市場は引き続き恩恵を受けて
いると述べた。
    ギリシャ10年債利回りは13ベーシスポイント(b
p)低下の1.38%で、過去最低を更新。不良債権縮小に向け政府保
証資金100億ドルが拠出されるとの報道が支援した。
    スペイン10年債利回りは7bp低下の0.23%。
4月の総選挙以降、政治空白が続いているが、11月10日に再び総選
挙が行われる見通しとなった。アナリストによると、EC
Bの新たな緩和策が政治的な不透明感を相殺しているという。
    ドイツ10年債利回りは3bp低下のマイナス0.5
1%。前週付けた6週ぶりの水準であるマイナス0.43%を下回って
いる。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below