January 24, 2018 / 6:46 PM / 6 months ago

ユーロ圏金融・債券市場=国債利回り上昇、ECB理事会控え警戒感

    [ロンドン 24日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                             
 米東部時間13時1                                                            
 4分                                                         
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード                        
                                        終盤                 
 3カ月物ユーロ    100.33    0.00     100.33                         
 独連邦債2年物    111.92   -0.01     111.93                          
 独連邦債5年物    131.18   -0.11     131.29                          
 独連邦債10年    160.40   -0.40     160.80                          
 物                                                          
 独連邦債30年    161.94   -0.88     162.82                          
 物                                                          
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード                        
                                        終盤                 
 独連邦債2年物    -0.586  +0.008     -0.594                               
 独連邦債5年物    -0.120  +0.020     -0.140                               
 独連邦債10年     0.524  +0.025      0.499                                
 物                                                          
 独連邦債30年     1.328  +0.025      1.303                                
 物                                                          
    
    ユーロ圏金融・債券市場で国債利回りが上昇。欧州中央銀行(ECB)理事会を翌日
に控え、警戒感が広がった。
    ECBは2018年の「早い時期」にガイダンスを見直す方針を示しており、ドラギ
総裁は政策運営のスタンスの変更時期について見通しを明らかにするよう圧力を受けるも
よう。ロイターの報道を手掛かりに、ECBがあすの理事会で政策の運営方針を変更する
との見方は後退しているが、投資家は大規模な緩和策を行う時代の終焉を嗅ぎ取っている
ほか、ECB当局者の間からも量的緩和の9月末以降の継続を疑問視する声が出ている。
    こうしたなか、ユーロは対ドルで1.23ドルを超え、約3年ぶりの高値圏で
推移。昨年の初め以降では17%値上がりしている。ユーロ高はインフレを下押しし、物
価目標の達成を妨げる恐れがあるため、ECBは当面の政策変更に慎重となる可能性もあ
る。ドラギ総裁はこの日、ECBの資産買い入れがユーロ相場に与える影響について、為
替の変動は単に副作用であって、目的ではないとの見解を示した。
    ある市場関係者は「ドラギ総裁にとっては、市場の早期利上げ期待やユーロ高を封じ
込めることが先決だ」と述べた。
    域内国債利回りは軒並み1-3ベーシスポイント(bp)上昇。フランス10年債利
回りは0.886%と昨年10月以来の高水準をつけ、ドイツ10年債利
回りは数カ月ぶりの高水準で推移した。南欧債の動きもさえず。スペイン
、ポルトガル国債とドイツ国債との利回り格差はやや拡大した。
    最近のECB当局者発言を受け、域内の利上げ観測は後退する流れにある。金融市場
が織り込む年内の0.10%利上げの確率は足元約40%。当初は70%まで上昇してい
た。
    ある市場関係者は「ECBは年内に資産買い入れを終了するとともに、来年の利上げ
に向けたメッセージを発するのではないか」と語った。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below