May 4, 2020 / 4:58 PM / a month ago

ユーロ圏金融・債券市場=独連邦債利回り上昇、憲法裁断控え神経質

    * tmsnrt.rs/2ii2Bqr

    [ロンドン 4日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                                
 米東部時間12時19                                              
 分                                              
 *先物             清算値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 3カ月物ユーロ     100.34     0.00      100.34         
 独連邦債2年物     112.28    -0.02      112.30          
 独連邦債5年物     135.85    -0.10      135.95          
 独連邦債10年物   174.04    -0.39      174.43          
 独連邦債30年物   216.80    -2.40      219.20          
 *現物利回り       現在値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 独連邦債2年物     -0.748   +0.012      -0.757            
 独連邦債5年物     -0.749   +0.004      -0.756            
 独連邦債10年物   -0.559   +0.023      -0.582             
 独連邦債30年物   -0.127   +0.046      -0.171             
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れ策拡充を巡る
ドイツ憲法裁判所の判断を控え、独連邦債利回りが上昇した。
    独憲法裁はこれまでもECBによる買い入れが憲法に抵触しないとの判断を下してお
り、5日も違憲判定は下さないとの見方が大勢となっている。
    ただDZ銀行のストラテジスト、ダニエル・レンツ氏は、憲法裁の判断発表を前に「
幾分の先行き不透明感」が見られていると指摘。利食い売りが出たこともあり、独連邦債
利回りは上昇した。    
    終盤の取引で独10年債利回りは約3ベーシスポイント(bp)上昇の
マイナス0.558%。仏10年債などの他のユーロ圏中核国の国債利回り
も同程度上昇した。
    ウニクレディトのアナリストは、今週は独憲法裁の判断に加え、8日に格付け会社2
社がイタリア国債を巡る格付け見直しを発表するため、ユーロ圏国債市場で「ボラティリ
ティーがある程度高まるのは仕方ない」との見方を示した。    
    イタリア国債は先週の欧州中央銀行(ECB)理事会を受け売られ、10年債IT10Y
T=RR利回りは3bp上昇の1.807%。他の周辺国国債の利回りは一時上昇した後、
上げ幅を縮小した。スペイン10年債利回りは横ばいの0.837%、ポル
トガル10年債利回りは0.877%。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below