March 2, 2020 / 6:38 PM / a month ago

ユーロ圏金融・債券市場=独10年債利回り半年ぶり低水準、ECB利下げ確率上昇

    [ロンドン 2日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                   
 米東部時間13時2                                                  
 分                                                  
 *先物            清算値         前日比   前営業日  コード
                                               終盤  
 3カ月物ユーロ    100.50          +0.04     100.46         
 独連邦債2年物    112.40          +0.08     112.32          
 独連邦債5年物    135.87          +0.21     135.66          
 独連邦債10年    177.83          +0.37     177.46          
 物                                                  
 独連邦債30年    221.08          +1.30     219.78          
 物                                                  
 *現物利回り      現在値         前日比   前営業日  コード
                                               終盤  
 独連邦債2年物    -0.817         -0.044     -0.780            
 独連邦債5年物    -0.798         -0.031     -0.785            
 独連邦債10年    -0.626         -0.014     -0.606             
 物                                                  
 独連邦債30年    -0.170         -0.011     -0.148             
 物                                                  
 
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、安全資産とされるドイツ国債利回りが6カ月ぶり水準
に低下した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、欧州中央銀行(ECB)が早ければ
今月の理事会で利下げする可能性が織り込まれている。
    米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は先月28日、声明を発表し、米経済は
引き続き底堅いものの、新型ウイルスの感染拡大が経済へのリスクになっており、景気の
下支えに向けFRBとして適切に対応すると表明。
    日銀の黒田東彦総裁も2日、談話を発表し、「最近の内外金融資本市場では、新型コ
ロナウイルス感染拡大により、経済の先行きに対する不透明感が強まるもとで、不安定な
動きが続いている」と指摘。その上で、日銀として「今後の動向を注視しつつ、適切な金
融市場調節や資産買い入れの実施を通じて、潤沢な資金供給と金融市場の安定確保に努め
ていく方針である」とした。
    ECBでも理事会メンバーのフランソワ・ビルロワドガロー仏中銀総裁が、新型ウイ
ルスの感染拡大で対応が必要になればECBには景気を下支えする用意があると表明。た
だ、現時点で追加措置は不要だとの認識を示した。
    EONIA(ユーロ圏無担保翌日物平均金利)先物市場は、ECBの4月理事会での
10ベーシスポイント(bp)利下げが完全に織り込まれた。また、短期市場が織り込む
来週の理事会での利下げ確率も90%を超え、1週間前の約10%から急上昇した。[nL4
N2AV2UL]
    市場は今年2回の10bp利下げを織り込んでおり、先週時点での1回から増加した
。
    ゴールドマン・サックスのエコノミストは1日、FRBが3月17─18日の次回連
邦公開市場委員会(FOMC)を待たずに利下げに動く可能性があるとの見方を示した。

    ラボバンクの金利部門責任者、リチャード・マグワイア氏は「現在見られる市場の動
きは世界金融危機の時と非常に似ている」とし、協調的な政策対応の効果は上がっている
と述べた。
    ドイツ10年債利回りは一時マイナス0.667%と半年ぶりの水準ま
で低下。昨年9月初旬に付けた過去最低まで約10bpに接近した。終盤は3bp低下の
マイナス0.64%に戻した。
    みずほの金利ストラテジスト、ピーター・マッカラム氏は「今週は、市場がFRBの
支援メッセージにどの程度安心できるかにかかっている。リスク資産はより安定化するだ
ろうが、緩和が実際に発表されるまで投資家の不透明感は続くだろう」と述べた。
    イタリア国債利回りは一時低下したが、その後に反転。イタ
リアとドイツの10年債利回り格差は184bpと、昨年8月以来の大き
さに拡大した。
    国家統計局によると、2019年のイタリアの財政赤字の対GDP比率は1.6%と
2007年以来の低水準を記録した。欧州連合(EU)が定める上限(3%)の約半分に
とどまった。
    


    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below