September 19, 2019 / 2:23 PM / a month ago

ユーロ圏、貿易など対外要因が重し=ラウテンシュレーガーECB専務理事

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラウテンシュレーガー専務理事は19日、ユーロ圏では経済は底堅く、金融情勢は良好だが、世界的な貿易戦争など対外要因が重しとなっているとの見解を示した。

その上で、成長押し上げに向け中央銀行だけでなく各国政府もより大きな役割を果たす必要があると述べた。

ECBは12日の理事会で利下げを含む包括的な緩和策を決定。ただドラギ総裁は理事会後の記者会見で「財政政策が主導する時期に来ている」とし、財政刺激策の重要性を訴えた。一部ではECBが利用できる政策手段は残り少なくなっており、インフレ押し上げに向けた効力は弱まっているとの見方も出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below