April 23, 2019 / 1:56 AM / 8 months ago

リビア国民軍、トリポリで攻撃強化へ

[ベンガジ(リビア)/トリポリ 22日 ロイター] - リビア東部から進軍してきた有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」は22日、国際社会の承認を受けているシラージュ暫定政権軍が拠点とする首都トリポリで攻撃を強化すると表明した。軍事衝突が始まってから3週目で死者数は254人に達した。

ハフタル司令官率いるLNAはトリポリを目指し軍を進めてきたが、同市の南側の防御は突破できていない。

現地に入ったロイターの記者によると、シラージュ暫定政権軍はここ数日でLNAの戦線を南方に押し戻したもよう。LNAはトリポリの軍事施設への空爆を実施したとしている。

LNAのアフメド・ミスマリ広報担当は記者団に、軍は後退していないと強調し、戦闘が繰り広げられている地域の人口が密集しているため、進軍のペースが遅くなったと主張した。

LNAは新たな攻勢に出るため予備兵を導入しているとし、数日中に迫撃砲や歩兵も活用すると述べた。詳細は明らかにしなかった。

世界保健機関(WHO)によると、軍事衝突が始まって以降、254人が死亡、1228人が負傷、3万2000人以上が避難を余儀なくされた。

トリポリを巡る軍事衝突は、米ホワイトハウスがトランプ大統領とハフタル司令官との電話協議を発表して以来、激しさを増している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below