November 26, 2018 / 1:27 PM / 18 days ago

ロシア大統領報道官、ウクライナ艦船拿捕は合法との見解表明

[モスクワ 26日 ロイター] - ロシア大統領報道官は26日、ロシアが前日にウクライナ南部クリミア半島沖でウクライナの艦船3隻を砲撃後に拿捕(だほ)したことについて、国際法、および国内法に厳格に則ったものだったとの見解を表明した。

ペスコフ大統領報道官は記者団に対し、ウクライナ艦船は違法にロシアの領海に侵入し、ロシア国境警備隊の通告を無視したと述べた。

ウクライナは自国の艦船は違法行為は行っていないとし、ロシアの攻撃を非難。砲撃により負傷者も出ており、両国間の新たな危機の火種となる可能性がある。

ペスコフ報道官は、今回の事件で今月末からアルゼンチンで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の際に予定されている米ロ首脳会談に影響は出るかとの質問に対し、同首脳会談はなお計画されていると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below