July 23, 2019 / 5:27 PM / a month ago

ロシア、米選挙への介入継続 制裁の効果なし=米FBI長官

[ワシントン 23日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)レイ長官は23日、ロシアは制裁やその他の措置にもかかわらず、2020年の次期米大統領選まで米国の選挙に介入し続ける意図を持っているとの見方を示した。

レイ長官は上院司法委員会の公聴会で「ロシアは完全に、米国の選挙に介入する意図を持っている」と述べた。

「ロシアに対し米国がこれまでに講じた措置は十分に抑止的な効果を発揮しなかったのか」というグラム委員長(共和党)の質問には、「ロシアが介入をやめるまで、十分に抑止的な効果があったと見なすことはできない」と述べた。

ロシアによる16年の米大統領選介入疑惑を捜査したモラー特別検察官は24日に議会証言を行う。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below