July 20, 2018 / 5:15 PM / 5 months ago

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、ディフェンシブ銘柄買われる

    [ロンドン 20日 ロイター] - 
 <株式指数>      終値   前日     %  前営業日終  コード
                            比                 値  
 FTSE10   7678.79  -5.18  -0.07     7683.97         
 0種                                              
 
    ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。総じて値を下げた欧州株式市場と比
べて持ちこたえた。世界的な通商政策の先行き不透明感と英国内の政局混乱でディフェン
シブ銘柄が買われた。
    英国の欧州連合(EU)離脱を巡り与党・保守党内の対立が深まっており、ポンドは
今週弱含んだ。ドルで収益を上げる国際的な銘柄の比重が大きいFTSE100種の下支
え要因となった。
    世界的な貿易摩擦の高まりが不安視される中、FTSE100種は5月下旬以来、値
動きの幅が狭い。関税の影響を受けやすい自動車などの銘柄が多い欧州株式市場は打撃を
受けてきたが、ディフェンシブ銘柄の比重が大きいFTSE100種はいくぶん貿易摩擦
の影響を免れてきた。
    この日はタバコのインペリアル・ブランズと日用品大手ユニリーバ
、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のディフェンシブ銘柄が0.
4%から2.5%上昇した。
    一方、保険のビーズレイは1.5%下落した。米国で金利が上がる中、同社
の投資利回りが減った結果、上半期の税引き前利益が大幅に減少した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below