for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、鉱業株下落が重しに

    [21日 ロイター] - ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を
終えた。鉱業株の下落が重しとなり、シクリカル(景気循環)銘柄やエ
ネルギー株の上昇を打ち消した。
    生活必需品のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)<BAT
S.L>、酒造大手のディアジオ、英日用品のユニリーバ
は0.9─1.3%上昇。石油大手のシェル、BPはそ
れぞれ0.6%、0.5%上げた。
    一方、FTSE350種鉱業株指数は5.14%下
げた。下落率が大きかったのは英資源大手アングロ・アメリカン<AAL.L
>で8.8%安。インフレの影響で生産見通しを引き下げたことが嫌気
された。
    豪資源大手BHPグループは2.5%下落。新型コロナウ
イルスの感染拡大防止措置に伴う人員不足で、1─3月期の鉄鉱石生産
量が予想を下回ったと発表したことから売られた。
    チリ産銅大手アントファガスタは7.1%安。干ばつの継
続や品質低下で第1・四半期の銅生産量が前年比24%減の13万88
00トンに落ち込んだのが嫌気された。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.36%高。
米ユナイテッド航空が明るい業績見通しを示したことを手掛かりに、欧
州格安航空会社(LCC)のウィズエアー、イージージェット
がそれぞれ4.4%、4.9%上げた。
    れんが・コンクリート製品メーカーのイブストックは8.
8%と大幅上昇。通期業績が当初の予想を上回るとの見通しを示したこ
とが好感された。
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 FTSE100種        7627.95    -1.27  -0.02    7629.22          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up