Reuters logo
ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、WPP売られる
2017年8月23日 / 17:02 / 1ヶ月前

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、WPP売られる

    [ロンドン 23日 ロイター] - 
 <株式指数>                                 終値        前日比           %        前営業日終値  コード
 FT100種                              7382.65         +0.91        +0.01             7381.74          
    
    ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。広告世界最大手のWPPが
大幅安となる一方で鉱業とヘルスケア株が買われた。
    WPPは10.9%下落し19年ぶりの大幅安となった。消費財業界のクライアント
が支出を削減していると指摘し通期の業績見通しを引き下げたことが嫌気された。WPP
は3月には売り上げ見通しを引き下げおり、この日を前に株価は今年既に12%安となっ
ていた。
    前日に66.2%急落した金融サービスのプロビデント・フィナンシャルは
この日、不安定な相場展開の中8%下落し、その後12.1%反発して取引を終えた。前
日はここ2カ月で2度目となる利益見通しの引き下げが嫌気されたほか、配当を取りやめ
たことや最高経営責任者(CEO)が退任するとの発表も売り材料となった。バークレイ
ズはこの日、プロビデント・フィナンシャルの目標株価と投資判断を引き下げた。バーク
レイズのアナリストらは投資家向けのメモで「投資判断の引き下げリスクはまだある。今
後のタイムラインや対策、必要な投資規模などがはっきりしていない」とした。
    ヘルスケア株は好調で、部門別でFT100種を最も大幅に押し上げた。
    FT350種鉱業株指数は1.47%上昇し、6カ月ぶりの高水準を維
持した。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below