for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=下落、新型コロナ規制強化で売り

    [9日 ロイター] - ロンドン株式市場は下落して取引を終えた
。新型コロナウイルスの感染拡大抑制に向けたイングランドでの規制強
化の影響が懸念されて旅行業界が売られ、前向きな企業決算による上昇
を打ち消した。
    ジョンソン英首相は8日、イングランドでより厳格な規制を実施す
ると発表。格安航空会社(LCC)のウィズエアー、イージー
ジェット、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)
などの親会社IAGが2.4─3.3%下げた。
    AJベルの金融アナリスト、ダニー・ヒューソン氏は「これまでの
ところすべての症状は、オミクロン変異株は他のいくつかの変異株ほど
有害でないことを示している。ただ、より速く感染が拡大するだけだ」
とした上で「旅行業界は打撃を受けている。人々はそれを見て、旅行関
連はすべて影響を受けるだろうと考えている」と述べた。
    輸送大手ファーストグループは5.7%下落。バスの乗客
数がここ数週間で減少した上、イングランドでの新たな規制によって業
績回復のペースが不透明だと警告したことが嫌気された。
    エンジンメーカーのロールスロイスは3.4%安。航空旅行
の減少が、航空機エンジンの製造や整備事業に打撃を与えるとの懸念が
広がった。
    包装資材のDSスミスは1.2%上昇。上半期の利益が8
0%増え、中間配当の引き上げを発表したことが好感された。
    英建設のバルフォア・ビーティは2.3%高。2021年
上半期の売上高が倍増したことが買い材料となった。
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 FTSE100種          7321.26   -15.79   -0.22    7337.05          
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up