April 13, 2017 / 5:57 PM / 9 months ago

ロンドン株式市場=下落、金融やエネルギー株売られる

    [ロンドン 13日 ロイター] - 
 <株式指数>                          終値      前日比         %     前営業日終値  コード
 FT100種                       7327.59      -21.40      -0.29          7348.99          
 
    ロンドン株式市場は下落して取引を終えた。金融とエネルギー株が売られたほか、配
当落ち銘柄の値下がりが重しとなった。この日は祝日を前に薄商いだった。
    金融株はFT100種を10ポイント近く押し下げ、最大の押し下げ要因となった。
ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)とスタンダード・チャータ
ード(スタンチャート)、HSBCは1.3%から1.7%の下落幅だ
った。
    チャールズ・ハノーバー・インベストメンツの投資顧問マネージャー、ジョナサン・
 ロイ氏は「考えられる唯一の要因は、業界に対する悲観的な見方がやや戻ってきている
ことだ。こうした銀行のトップらがまだ退廃しており、全てが良好でないという見方だ」
と述べ、バークレイズの内部告発について英規制当局が同行最高経営責任者(C
EO)の対応に問題がなかったかを調査しているとの週初めの報道に言及した。「既に高
値圏にある相場を踏まえると、こうした株が一段高となる材料がない」と付け加えた。
    原油価格の値下がりに伴いエネルギー株も売られ、FT100種を約9.7ポイント
押し下げた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルは1.2%、BPは0
.3%それぞれ下落した。
    配当落ち銘柄も重しだった。中でも保険大手スタンダード・ライフは2.4%
安となり、最も値下がり幅が大きかった。
    一方、衣料品・食品大手のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABフーズ
)は3.6%上昇し、1月上旬以来の高値をつけた。ジェフリーズが投資判断を
「買い」に引き上げたことが好感された。ジェフリーズのアナリストらは投資家向けのメ
モで「4月19日の中間決算は底堅いだろう。為替が押し上げ要因となったほか、砂糖の
持ち直しが追い風となっている。(傘下の)プリマークの利益幅見通しもより前向きなも
のを見込んでいる」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below