June 1, 2020 / 5:29 PM / a month ago

ロンドン株式市場=反発、コロナ封鎖措置の緩和継続で

    [1日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 FTSE100種      6166.42  +89.82  +1.48   6076.60          
 
    
    週明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。新型コロナウイルスに対する封
鎖措置が緩和される中、市場心理が好転した。消費関連株が最も好調だった。
    衣料品・食品大手のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABフーズ)<ABF
.L>は8.0%上昇した。傘下の衣料品チェーン「プリマーク」が6月15日から英イン
グランド地域の全153店舗で営業を再開する計画を発表した。
    英経済回復への期待から中型株で構成するFTSE250種指数は1.38
%上昇した。
    前週末は中国が香港に国家安全法制を導入する方針を決めたことに対する米国の措置
が不安視され株式相場が下げたが、この日は世界的に上昇。トランプ米大統領は香港への
優遇措置を見直す手続きに入るとしたものの、第1段階の米中通商合意撤回に言及しなか
ったことで買い安心感が広がった。
    アクシコープのグローバルマーケット担当チーフトラテジスト、スティーブン・イネ
ス氏は「市場は米中貿易摩擦が高まるシナリオを保留にし、経済活動再開による株価上昇
のシナリオを優先した」と述べた。
    香港での事業が大きい銀行のスタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN.
L>とHSBCは8.7%と2.8%それぞれ上昇した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below