June 24, 2019 / 5:34 PM / in a month

ロンドン株式市場=反発、ディフェンシブ株が相場下支え

    [24日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       #VALUE!  #VALUE!  #VALU   #VALUE!          
                                             E!            
 
    
    週明けロンドン株式市場は反発して取引を終えた。20カ国・地域(G20)首脳会
議(サミット)に合わせた米中首脳会談を控え、アジアへのエクスポージャーが高い銀行
株が売られた一方、ヘルスケアなど比較的安全な資産とされるディフェンシブ銘柄が買わ
れ、相場を下支えした。
    レイモンド・ジェームスのアナリスト、クリス・ベイリー氏は「非常に重要なG20
を控え、市場は様子見姿勢を取っているようだ」とした。大阪市で開かれるG20首脳会
議に合わせてトランプ大統領と中国の習近平国家主席が開く会談を市場は注視している。
会談では、世界経済を混乱させた長期間に及ぶ貿易摩擦の方向性が決まる可能性が大いに
ある。
    先行き不透明感が漂う際に買われる傾向のある製薬のアストラゼネカやグラ
クソ・スミスクライン(GSK)などのヘルスケア銘柄が相場を押し上げた。
    一方、金融大手HSBCや英大手銀行スタンダード・チャータード(スタン
チャート)など、アジアへのエクスポージャーが高い銘柄は値を下げた。
    小売り株も売られた。経済コンサルタント会社、EY・ITEMクラブがこの日、今
年の英個人消費が6年ぶりの弱い伸びにとどまるとの見通しを示したことが売り材料だっ
た。スーパーマーケット大手セインズベリーは4.0%、欧州ホームセンター大
手キングフィッシャーと小売り大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)<MK
S.L>はともに2.7%下落した。英小売り最大手テスコは2.3%安だった。
    中型株では発電会社のドラックスが5.8%安。シティグループが目標株価
を引き下げたことが嫌気された。一次産品の価格見通しに基づく限り業績が前向きに展開
する見込みはないとの理由を挙げた。
    家電・携帯電話小売り会社ディクソンズ・カーフォンは2.9%安。前週発表
の通期決算が期待外れな内容だったことで証券会社が投資判断を引き下げた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below