for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、ヘルスケア株買われる

    [13日 ロイター] - ロンドン株式市場は反発して取引を終え
た。ヘルスケア株が買われ全体水準を押し上げた。週間ベースでは4週
連続のプラスとなり、値上がりが続いた期間は昨年11月以来の長さだ
った。ただ投資家は、景気過熱を受けて米連邦準備理事会(FRB)が
予想より早く資産買い入れを縮小し始めるのではないかと懸念する。
    FTSE350種ヘルスケア株指数は2.12%上
昇した。
    ドルで収益を上げるブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT
)と酒造大手のディアジオ、日用品のユニリーバ<ULVR
.L>は0.6%から0.7%上昇した。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.18%上昇
し、過去最高値を付けた。個別銘柄では防衛機器バブコック・インター
ナショナルが6.4%高だった。コンサル事業のフレイザーナ
ッシュを現金2億9300万ポンド(4億450万ドル)で売却するこ
とで合意したことが好感された。
    一方、テクノロジー企業のエイボン・プロテクションは2
7.7%と急落し、過去最大の落ち込みとなった。業績報告が期待外れ
の内容だった失望売りが出た。
    OANDAのシニア市場アナリスト、クレイグ・アーラム氏は「米
中銀の緩和策縮小に関する計画を知るために、数週間後に開催されるジ
ャクソンホールのイベントと米中銀の動きが注視されている」と述べた
。
    FTSE100種は今週、1.34%上昇した。ポンド安に伴い小
売株が買われたことや好決算、経済活動再開に伴う売買が相場を押し上
げた。ただ、物価上昇により中銀が緩和的な政策を縮小する可能性が懸
念されており、中型株で構成するFTSE250種や欧州株式相場より
勢いが劣っている。
    今週は小売株指数、旅行・娯楽関連株指数<.FTNMX4
05010>、保険株指数が2.39%から4.10%上昇し
、部門別で好調だった。    
    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7218.71   +25.48  +0.35    7193.23          
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up