Reuters logo
ロンドン株式市場=反発、ポンド安が追い風
2017年10月26日 / 17:42 / 22日後

ロンドン株式市場=反発、ポンド安が追い風

    [ロンドン 26日 ロイター] - 
 <株式指数>                          終値      前日比         %     前営業日終値  コード
 FT100種                       7486.50      +39.29      +0.53          7447.21          
 
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。10月の英小売売上高指数が2009年
以来の低水準に落ち込んだことでポンドが下落。ドルで収益を上げる企業の追い風となっ
た。
    外貨で収益を上げる消費関連株が買われた。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(
BAT)と日用品のユニリーバがFT100種の最大の押し上げ要因だ
った。
    資源大手リオ・ティントとアングロ・アメリカン、BHPビリトン<B
LT.L>も値を上げた。
    一方、銀行大手バークレイズは7.4%下落し、今年の最安値をつけた。投
資銀行部門が振るわず、第3・四半期利益が市場予想を下回った。バークレイズはFT1
00種の銀行株で今年最も不調だ。年明けから18.6%安となっている。
    製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は3.4%下落した。英国の
欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まった国民投票以来の安値に落ち込んだ。ク
レディスイスが目標株価を引き下げたことが嫌気された。クレディスイスのアナリストら
は、GSKが出資するHIV(エイズ)領域に特化したヴィーブヘルスケア株式会社(V
iiV)における先行き不透明感を指摘した。
    製薬会社シャイアーは2.1%下落。米バイオ医薬セルジーンが利
益見通しを下方改定したことが材料視された。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below