for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、ポンド安で輸出企業買われる

    [6日 ロイター] - ロンドン株式市場は反発して取引を終えた
。ジョンソン英政権の危機を背景に経済不安が高まり、英ポンドが下落
したことから輸出企業が買われた。
    ドルで利益を上げる英製薬のアストラゼネカ、英日用品の
ユニリーバ、酒造大手のディアジオは1.6─3.0
%上昇した。
    主要閣僚などの辞任にもかかわらず、ジョンソン首相が権力の座に
しがみついたことから、ポンドはドルに対して2年超ぶりの安値を付け
た。
    エクイティ・キャピタルの市場アナリスト、デービッド・マデン氏
は「ジョンソン政権がどれだけ長く続くのかという疑問が、ポンドの重
しとなっている。FTSE100種がかなり国際的な指数であることを
考えると、英ポンドの値動きが低調な時、常に株価は上昇する」とする
一方、「英国株の見通しは依然として弱気だ。経済と政治、両方の不確
実性が広がり、英国市場にとっては本当にダブルパンチだ」と指摘した
。
    中型株で構成するFTSE250種指数は1.52%上昇
。2020年11月以来の安値を付けた前日から反発した。
個別銘柄では、資産運用会社アバディーンが5.1%高。3億
ポンド(3億5916万ドル)相当の自社株買いプログラムを始めたこ
とが好感された。
    
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7107.77     +82.30   +1.17      7025.47          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up