August 28, 2019 / 5:32 PM / 3 months ago

ロンドン株式市場=反発、ポンド安で輸出銘柄買われる

    [28日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7114.71     +25.13   +0.35      7089.58          
 
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。ポンド安に伴い輸出銘
柄が買われた。ただ英国の合意なき欧州連合(EU)離脱への不安から
、住宅建設や航空銘柄は値下がりした。
    ジョンソン英首相が、EU離脱計画を議会に妨げられるのを回避す
るため、離脱期日である10月31日までの議会開会期間を短くする動
きに出た。国内経済に左右されやすい中型株で構成するFTSE250
種は0.69%低下した。
    FTSE100種では、住宅建設のパーシモンとバラット
・デベロップメンツ、テイラー・ウィンペイ、バークレ
ー・グループが2.9%から4.8%下落した。同部門は合意
なき離脱が特に打撃となるとみなされている。個人消費の動向に左右さ
れる航空株も売られた。英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(B
A)の親会社IAGは1.4%、格安航空会社のイージージェ
ットは2.7%それぞれ下落した。
    一方、石油大手BPは2.2%上昇。米アラスカでの全事業
を56億ドルで売却することが好感された。
    小型株では旅行大手トーマス・クックが16.6%下落。
中国の復星旅遊文化集団などによる救済計画に大方合意した
。トーマスによると救済計画の結果、上場廃止となる可能性がある。


    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below