February 12, 2018 / 6:34 PM / 11 days ago

ロンドン株式市場=反発、一次産品株持ち直す

    [ロンドン 12日 ロイター] - 
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 FT100種               7177.06    +84.63   +1.19     7092.43          
    
    週明けロンドン株式市場は反発して取引を終えた。一次産品銘柄が持ち直し全体水準
を押し上げた。
    ここ2週間、世界的に株式が売り込まれ、FT100種は約1470億ポンドの時価
総額が吹き飛んだ。この日は反発したものの、依然として13カ月ぶりの安値水準にある
。
    この日は前週に大きく売り込まれた景気循環株が買われ、エネルギーや資材、金融株
が相場の押し上げ要因となった。
    前週の株安局面では、経済が底堅さを保っていることや欧州株のバリュエーションが
魅力的であるとの見方から「安値拾い」の好機だとの声があがったが、相場が不安定な中
投資家は大きな動きを控えているもようだ。Mirabaud Asset Managementの欧州株ストラ
ジストValentin Bissat氏は「ポートフォリオをオーバーウェートとする前に相場がどこ
で安定するか、あと数日様子を見る」と述べた。
    中型株では化学製品会社ビクトレックスが3.3%上昇した。バンク・オブ
・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が投資判断を2段階引き上げ「買い」としたこと
が好感された。
    一方、タンザニアで最大の金産出企業アカシア・マイニングは3.9%下落
。17年の配当を停止したことが嫌気された。また、政府が昨年導入した一部鉱産物の禁
輸が重しとなり通期のコア利益が3分の1以上減ったとの発表も売り材料となった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below