for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、中国の景気刺激策を期待

    [15日 ロイター] - 
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 FTSE100種                6895.02     +40.00    +0.58      6855.02          
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。中国の景気刺激策への期待が相場を押し
上げた。ただ英国の欧州連合(EU)離脱協定案の議会採決をこの日に控え、投資家らは
慎重な姿勢を構えている。
    メイ英首相がEUと合意した離脱案は議会で否決される見込みが高く、採決における
負け方によっては3月29日としている離脱日の延期を余儀なくされるかもしれない。国
民投票の再実施や合意なき離脱など他の幅広い選択肢を模索する可能性も出てくる。
    この日はドルが上昇し、製薬のグラクソ・スミスクラインや酒造大手のディ
アジオ、日用品のレキット・ベンキーザーなどの海外収益が多い銘柄が買
われた。
    FTSE350種鉱業株指数は0.72%上昇した。中国が景気刺激策
を講じることを示唆し、鉱業株が買われた。また生産削減に伴う原油高で石油株が値を上
げた。
    一方、中型株では金融のプロビデント・フィナンシャルが19.5%急落し
た。利益見通しの引き下げが嫌気された。
    小型株では航空会社のフライビー・グループが41.7%急落した。連合体
によるフライビー・グループ買収について、フライビーの財務状況が悪いことから買い手
がつなぎ融資を改定した。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up