for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、中国の景気支援策を好感

    [20日 ロイター] - ロンドン株式市場は反発して取引を終え
た。中国の景気支援策が投資家心理を明るくした。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.75%上昇
した。
    FTSE350種製薬・バイオテクノロジー株指数
、銀行株指数はそれぞれ2.20%、0.57%高。中
国人民銀行(中央銀行)が、減速している景気を支えるために貸出金利
の指標となる最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)の5年
物を、予想より大きい15ベーシスポイント(bp)引き下げたことが
好感された。
    電子商取引(EC)大手のTHGは24.5%上昇。2つ
の投資会社からの買収提案を拒否し、不動産王ニック・キャンディ氏に
よる買収の可能性に目を向けたことが材料視された。
    4月の英小売売上高は前月から予想外に増加した。だが、生活費の
危機が深刻化する中で個人消費の見通しは依然厳しい。
    AJベルの金融アナリスト、ダニー・ヒューソン氏は顧客向けメモ
で「小売売上高の予想外の好転は、他の指標が示すほど消費者が打撃を
受けていない前向きな兆候と見なすことができる」と言及。一方、「4
月の数字を掘り下げると、スーパーマーケットでの食料品の支出が大幅
に増加しており、人々が節約のためにパブやレストランよりも家での食
事を選んでいることを示唆している可能性がある」と指摘した。
    イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミストは講演で、
物価がスパイラル的に上昇するリスクを回避するために英中銀が一段の
利上げをすることが必要になるとの認識を示した。
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7389.98   +87.24  +1.19    7302.74          
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up