Reuters logo
ロンドン株式市場=反発、中型株は過去最高値
2017年10月18日 / 18:32 / 1ヶ月後

ロンドン株式市場=反発、中型株は過去最高値

    [ロンドン 18日 ロイター] -    
 <株式指数>                          終値      前日比         %     前営業日終値  コード
 FT100種                       7542.87      +26.70      +0.36          7516.17          
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。賃金の伸びが市場予想を上回ったことで
イングランド銀行(英中央銀行)の利上げ観測が高まりポンドが下落したことが追い風と
なった。中型株で構成するFTSE250種は0.64%上昇の2万263.1
ポイントと終値の過去最高値をつけた。
    中型株は今年、約12%上昇しており、FT100種の6%高を上回るペースで伸び
ている。SVMアセット・マネジメントのマネジングディレクター、コリン・マクリーン
氏は「投資家らは、中型株への買い安心感を高め始めている一方、FT100種の大企業
による軟調な業績見通しを不安視している」と述べた。テクノロジーや小売りなどの部門
でニッチ市場を押さえる小企業は従来市場を破壊する潜在力があり、企業成長に貪欲な投
資家を呼び込んでいると付け足した。
    中型株では、IT(情報技術)企業のソフトキャットが6.0%上昇。通期
収益が増えたとの決算発表が好感された。
    病院グループのスパイア・ヘルスケアは8.6%上昇。パンミュア・ゴード
ンがヘルスケア株の投資判断を引き上げた。英国のヘルスケア部門が他と比べて振るわな
かった主な理由はスパイアが9月中旬に19%値下がりしたためとし、今後は好調な時期
に入るとの見通しを示した。
    FT100種では金融株が最も好調だった。イングランド銀行が11月に利上げする
との見方が高まる中で、金融大手のHSBCホールディングスと保険大手のリー
ガル・アンド・ゼネラル(L&G)、同プルーデンシャルは0.6%か
ら1.1%上昇した。
    一方、日用品メーカーのレキット・ベンキーザーは2.5%下落した。通期の
売り上げ見通しを引き下げたことが嫌気された。サイバー攻撃のほか、新製品の発売に失
敗したことと韓国で販売した商品の安全問題が響いた。
    資源大手リオ・ティントは3.0%下落した。米証券取引委員会(SEC)
が同社と、同社の元重役2人を詐欺行為で提訴した。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below