for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、主要国の製造業統計改善で

    [3日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 FTSE100種      6032.85  +135.0  +2.29   5897.76          
                                     9                   
 
    
    週明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。各国の製造業統計が好調だった
ことで経済回復への期待が高まった。
    英国の7月製造業購買担当者景気指数(PMI)は、生産指数が約3年ぶりの高水準
を記録した。ドイツの7月製造業PMIは、2018年以降で初めて好不況の分かれ目と
なる50を上回った。英国の主要な貿易相手国の中国の製造業PMIも生産指数が伸びた
。米国では新型コロナウイルスの感染件数が再び増えているにもかかわらず、7月の製造
業景気指数は1年半近くぶりの水準に上昇した。

    FTSE350種鉱業株指数は3.17%上昇。鉄鉱石の値上がりが買
い材料となった。
    個別銘柄では製薬のアストラゼネカが2.8%上昇。ヘルスケア指数を押し
上げた。
    一方、金融大手HSBCは2.9%下落し、2009年以来の安値を付けた
。新型コロナの危機に伴って不良債権が膨らみ、利益が予想を下回った。
    上半期に赤字転落した航空部品メーカーのシニアは15.1%、保険のヒス
コックスは3.4%それぞれ下落した。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up