for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、住宅建設銘柄が高い

    [19日 ロイター] - 
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 FTSE100種        7457.02   +75.01  +1.02    7382.01          
 
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。投資判断の引き上げが好感された住宅建
設銘柄が買われた。新型コロナウイルスの中国での感染件数の伸びは減速し、懸念が和ら
いだ。
    FTSE350種住宅建設株指数は1.62%上昇して過去最高値。個
別銘柄ではバークレー・グループが2.1%上昇し、最高値となった。バラット
・デベロップメンツとパーシモン、テイラー・ウィンペイは0.
9─1.9%上昇した。住宅建設部門は、英国の欧州連合(EU)離脱の展開と国内経済
に特に左右されやすい。ともに消費者需要に大きく影響するためだ。HSBCのアナリス
トは「総選挙で与党が圧勝したことで英国のEU離脱の決着が近づいたとの見方が広がり
、住宅市場で抑え込まれていた需要が解き放たれた」と述べた。
    中型株では金銀生産のホックシールド・マイニングが12.9%上昇した。
2019年の決算と20年の業績目標が好感された。ヘッジファンド、マン・グループ<E
MG.L>は9.1%高だった。トレーダーによると証券会社エグザーヌが投資判断を引き上
げたことが買い材料だった。
    投資家は来週の決算発表や、この日発表される1月の連邦公開市場委員会(FOMC
)の議事要旨を注視している。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up