for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、原油価格持ち直しで

    [22日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 FTSE100種          5770.63  +129.60  +2.30    5641.03          
 
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。原油価格の持ち直しと決算が買い材料と
なった。
    北海ブレント先物は1999年以来の安値を付けた後、新型コロナウイルス
の危機による原油需要の低迷を受け主要な産油国が追加減産するとの見方から、相場が持
ち直した。石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルは6.0%と5.
7%それぞれ上昇した。FTSE350種原油・天然ガス株指数は5.54
%上昇した。
    アイルランドの建材大手CRHは6.7%上昇した。景気刺激策で新型ウイ
ルスによる事業への打撃を和らげることができるとしたほか、2019年の15%の増配
を推し進めると述べた。
    オンラインファッション販売のブーフーは12.3%上昇した。3月中旬は
外出自粛対策によって売り上げの伸びが鈍化したものの、ここ数週間は業績が回復してい
ると述べたことが買い安心感につながった。
    中型株では発電会社のドラックスが16.0%値を上げた。20年のコア利
益見通しが市場予想と一致したほか、新型ウイルスによる打撃を受けたにもかかわらず、
19年の配当を維持すると述べたことが好感された。
    3月の英消費者物価指数(CPI)は前月から鈍化した。3月は原油価格が急落した
ほか、新型ウイルスの危機が高まった時期だ。衣料と靴が値を下げ、消費者が購入に慎重
になっていたことを示した。
    

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up