October 21, 2019 / 5:52 PM / in a month

ロンドン株式市場=反発、合意なき英EU離脱回避へ期待高まる

    [21日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7163.64   +13.07  +0.18   7150.57          
 
    
    週明けロンドン株式市場は反発して取引を終えた。英国の合意なき欧州連合(EU)
離脱を避けられるとの期待から英経済に左右されやすい銘柄が買われた。
    国内銘柄多い中型株で構成するFTSE250種は0.40%上昇した。
    英EU離脱協定案は19日、下院で採決先送りとなり、ジョンソン英首相は不本意な
期日延期をEU側に要請することになった。
    英国のEU離脱が英経済に打撃となった場合、最も影響を受けるとみられる銘柄が買
われた。英銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)と同ロ
イズ、住宅建設のテイラー・ウィンペイは1.8%から2.2%上昇した
。
    FTSE350種鉱業株指数は1.21%上昇した。銅の値上がりと、
主要な産油国チリでの抗議デモを受けた供給懸念、米中通商関係改善の兆しが材料視され
た。
    この日はポンドが値上がりし、上昇幅は限定的だった。医療機器のスミス・アンド・
ネフュー(S&N)が8.9%安となったことも相場を抑制した。1年5カ月前に
就任したナワナ最高経営責任者(CEO)の辞任発表が嫌気された。
    外食デリバリーサービスのジャスト・イートは5.7%安。英国における外食
傾向に構造的な変化が見られるとしたことが不安視された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below