Reuters logo
ロンドン株式市場=反発、月間ベースで5月以来の大幅高
2017年10月31日 / 18:56 / 17日後

ロンドン株式市場=反発、月間ベースで5月以来の大幅高

    [ロンドン/ミラノ 31日 ロイター] - 
 <株式指数      終値   前日     %  前営業日終  コード
 >                       比                 値  
 FT100   7493.08  +5.27  +0.07     7487.81         
 種                                              
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。石油大手BPなど好決算を発表し
た銘柄が相場を押し上げた。月間ベースでは約1.6%上昇。フランス大統領選でマクロ
ン氏が当選し株価が上がった5月以来の大幅高となった。
    BPは1.7%上昇した。取引時間中は3年ぶりの高値をつける局面もあった。第3
・四半期利益が倍増し、自社株買いを再開するとした。BPが事業回復に自信を持ってい
ることを示す最新の兆しとなった。
    好決算が好感された特殊化学のクローダ・インターナショナルは4.2%上
昇した。
    広告世界最大手のWPPは3.0%上昇。自律的な売上高と利益幅の通期見
通しを引き下げたことで下落する局面もあったが、市場は四半期の純売上高が予想を上回
ったことに注目した。リベラムは、業績見通しの引き下げはいくぶん見込まれていたとし
、利益見通しに大した影響は与えないとの見方を示した。WPPは2カ月前にも業績見通
しを引き下げており、業界に衝撃を与えた。
    ブックメーカー(賭け屋)のラドブロークス・コーラルとウィリアム・ヒル<
WMH.L>は1.7%と2.3%それぞれ上昇した。ギャンブル店に置いているFOBTとい
う機械の賭け金の上限を大幅に引き下げることを政府が検討するとの報道があったが、上
限が依然として企業にとって甘い水準と受け止められた。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below