August 3, 2018 / 5:32 PM / 14 days ago

ロンドン株式市場=反発、決算が買い材料に

    [ロンドン 3日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7659.10   +83.17  +1.10   7575.93          
 
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。決算が好感された銘柄が買われ、全体水
準を押し上げた。
    この日は値上がりしたものの、週間ベースでは1カ月ぶりにマイナスとなった。トラ
ンプ米大統領は1日、2000億ドル分の中国製品を対象とした対中制裁を巡り、追加す
る関税率を当初の10%から25%に引き上げることを提案し、中国に対する強硬姿勢を
強めた。
    ブランディワイン・グローバルのポートフォリオマネジャー、ジェームス・クラーク
氏は「貿易は確かに、世界中のその他の材料とともに懸念事項だ。投資家が特にできるこ
とはない。すでに複数の企業の決算に影響が表れている」とした。一部の産業は他よりも
打撃が大きいが、株価にはすでに織り込まれていると付け加えた。
    イングランド銀行(英中央銀行、BOE)は2日、予想通り金利を引き上げた上で、
来年に英国が欧州連合(EU)を離脱する前に、さらなる利上げを急がないとの考えを示
した。英国のEU離脱を巡る交渉は難航している。
    ただ、この日は決算が好材料となった。銀行のロイヤル・バンク・オブ・スコットラ
ンド(RBS)は3.1%上昇し、6月末以来の高値を付けた。上半期利益が、
予想に反してプラスとなったほか、10年ぶりに配当を実施するとの発表が好感された。
    製紙・包装大手のモンディは7.9%上昇した。決算が予想を上回ったこと
が買い材料だった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below