August 21, 2019 / 6:01 PM / a month ago

ロンドン株式市場=反発、石油株や輸出関連株が高い

    [21日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7203.97   +78.97  +1.11   7125.00          
 
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。原油高に伴って石油株が買われたほか、
ポンド安を受けて輸出関連株が上昇した。
    英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルや英石油大手BPがFTS
E100種総合株価指数を押し上げ、前日の下落を取り戻した。中型株で構成するFTS
E250種も上昇した。
    たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコや英製薬のアストラゼネカ<A
ZN.L>などドルで収益の多くを稼ぐ銘柄も値を上げた。
    連邦準備理事会(FRB)が米中貿易摩擦による打撃や迫る景気後退への不安を和ら
げようと利下げに踏み切るとの観測から、7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事
要旨公表を控え、市場全体の雰囲気は明るかった。
    アウトソーシングを手掛けるキャピタは3.0%上昇した。米ゴールドマン
・サックスが投資判断を引き上げた。
    一方、英銀のワンセービングス・バンクとチャーター・コート・ファイナン
シャルが5.0%と4.6%それぞれ下落した。欧州連合(EU)離脱(ブレグ
ジット)を巡る不透明感により、住宅市場や顧客の信用力に響くと警告した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below