September 26, 2019 / 6:23 PM / in 21 days

ロンドン株式市場=反発、米中通商合意に期待

    [26日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7351.08   +61.09  +0.84   7289.99          
 
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。米中が通商協議で合意に至るとの期待が
相場を押し上げた。
    中国商務省は米国と10月の通商協議について緊密に連絡を取っていると述べた。ト
ランプ米大統領は前日、近いうちに妥結する可能性があると発言している。
    広範な部門が買われた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルや英石油大手
BPが相場の主な押し上げ要因だった。金融株やヘルスケア株も値上がりした。
    ポンド安は国際的な銘柄の押し上げ材料となった。
    一方、たばこのインペリアル・ブランズは12.9%急落し、2011年1
月以来の安値を付けた。売り上げと利益の見通しを引き下げたことが不安視された。米国
における電子たばこの規制強化が業績に影響していると説明した。
    出版のピアソンは14.0%急落。通期利益が予想範囲の下限に迫るとの見
通しが嫌気された。
    航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAGは4.0%
安だった。操縦士によるストライキが影響し通期利益が昨年から2億1500万ユーロ減
るとの見通しが売り材料だった。
    クルーズ運航世界最大手のカーニバルは7.2%下落した。燃油の値上がり
が見込まれる中で通期利益を引き下げたことが材料視された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below