December 3, 2018 / 6:58 PM / 12 days ago

ロンドン株式市場=反発、米中関税合戦一時停止で

    [ロンドン 3日 ロイター] - 
 <株式指数>       終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                 値  
 FTSE100  7062.41  +82.17  +1.18     6980.24         
 種                                                  
 
    週明けロンドン株式市場は反発して取引を終えた。鉱業とエネルギー銘柄が買われ全
体水準を押し上げた。米中が関税合戦を一時停止することで合意し、買い安心感が広がっ
た。
    アルゼンチンで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて行われた米
中首脳会談で米国は中国への追加関税を猶予すると決めた。猶予期間は90日間で、両国
はそれまでに通商政策で合意することを目指す。世界最大の金属消費国である中国の需要
が増えるとの期待から銅が2カ月ぶりの高値を付け、鉱業株の押し上げ要因となった。
    石油輸出国機構(OPEC)総会を控え原油も値を上げ、エネルギー株の買い材料と
なった。
    一方、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は7.6%下落した。
抗がん剤開発の米テサロを51億ドルで買収すると発表し、買収額が不安視され
た。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below