for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、米国のインフレ懸念後退で

    [12日 ロイター] - ロンドン株式市場は反発して取引を終え
た。米国のインフレ率が低下している兆候を背景に、世界的に投資家心
理が上向いた。
    FTSE100種はポンド安や、エネルギーとディフェン
シブ銘柄の大きなエクスポージャーに支援されて、今年に入って世界の
他の株価を上回っている。週間では0.82%上げ、4週連続で上昇し
た。
    12日は、第2・四半期の英国内総生産(GDP)が前期比0.1
%減だったのを受けてポンドがドルに対して下落した。市場予想は0.
3%減だった。
    深刻化する生活費危機の影響を最も受けやすい小売りやレストラン
といった消費者向けの業界で弱さが増していることを引き続き示した。
    製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は3.6%
高。GSKは、発がん性物質が含まれていた抗潰瘍薬を巡る米国での訴
訟への懸念から、前日まで大幅下落していた。GSKから事業分離した
消費者向けヘルスケア企業ハレオンは2.2%上げた。
    賭け業者のフラッター・エンターテイメントは14.1
%と急上昇。急速に成長している米国事業で予想される損失を除けば、
通期の業績が2021年を上回るとの見通しを示したことが好感された
。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.46%高。
週間では1.43%上げた。
    
 <株式指数>                     終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                     値  
 FTSE100種              7500.89     +34.98    +0.47      7465.91          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up