Reuters logo
ロンドン株式市場=反発、資源と消費関連株に買い
2017年11月8日 / 18:31 / 15日前

ロンドン株式市場=反発、資源と消費関連株に買い

    [ロンドン 8日 ロイター] - 
 <株式指数      終値  前日比     %   前営業日終  コード
 >                                            値  
 FT100   7529.72  +16.61  +0.22      7513.11         
 種                                                
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。一次産品と消費関連株が買われ全体水準
を押し上げた。
    消費関連では日用品のユニリーバとブリティッシュ・アメリカン・タバコ(
BAT)が1.4%と0.5%それぞれ上昇し、FT100種の押し上げ要因と
なった。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルと資源大手のリオ・ティント<RIO
.L>の値上がりも相場を押し上げた。
    小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)は1.6%上昇した。上
半期利益が予想ほど落ち込まなかった。また、事業再建計画を加速させるとしたほか、食
料品店「シンプリー・フード」の新規店舗を当初予想よりも減らすとの発表が好感された
。
    一方、決算が期待外れの内容だった住宅建設のパーシモンは3.5%下落し
、FT100種で最も振るわなかった。同部門全体が連れ安となった。
    エネルギー供給大手のスコティッシュ・アンド・サザン・エナジー(SSE)<SSE.L
>は0.9%下落した。英国の小売り事業をドイツのエネルギー大手イノジーと
合併させるとの合意が嫌気された。また上半期決算は、ネットワーク事業の弱含みから利
益が8%減った。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below