March 11, 2019 / 7:04 PM / in 7 days

ロンドン株式市場=反発、金融と鉱業株買われる

    [11日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7130.62   +26.31  +0.37    7104.31          
 
    週明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。金融と鉱業株が買われ全体水準
を押し上げた。
    ポンドは序盤にマイナス圏で取引された後、値を上げた。投資家らは、メイ首相が示
す欧州連合(EU)離脱修正案に関する12日の議会採決を注視している。ポンドの値上
がりに伴いFTSE100種は終盤にかけて上昇幅を圧縮した。
    FTSE350種銀行株指数は0.21%上昇し、1週間ぶりの大幅高
となった。中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁が鈍化する国内経済を一段と支援する考
えを示したことが材料視された。CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏
は「金融株にとって合意なき離脱は売り材料でない。むしろ支援材料となる」とした。
    鉱業株指数は1.02%上昇した。在庫減少に伴い亜鉛が値を上げ、そ
の他の金属も連れ高となった。中国が景気刺激策を約束したことも鉱業株の押し上げ要因
だった。また、サウジアラビアが、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構
成するOPECプラスによる供給減産が6月より前に終わることはないとしたことで石油
大手も買われた。
    中型株では英銀ワンセービングス・バンクとチャーター・コート・ファイナ
ンシャルがともに約11%上昇した。合併の協議が進んでいると両行が確認した
ことが材料視された。インベステックは合併が「最高の結婚だ」とした。

    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below