May 28, 2019 / 6:13 PM / a month ago

ロンドン株式市場=反落、たばこと製薬株売られる

    [28日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7268.95    -8.78  -0.12   7277.73          
 
    
    連休明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。たばこと製薬銘柄が売られ、全
体水準を押し下げた。
    調査会社ニールセンのデータによると、18日までの4週間にたばこの売り上げが減
少。これを受け、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)とたばこのイ
ンペリアル・ブランズがFTSE100種の主要な押し下げ要因となった。
    英製薬のアストラゼネカは2.5%安と、5営業日ぶりに反落した。同業の
グラクソ・スミスクライン(GSK)は2.2%安だった。
    一方、中国の鉄鉱石先物が過去最高値を付けたことで鉱業株は買われた。
    医療サービスのNMCヘルスは7.5%高だった。2019年の売り上げと
コア利益の目標を引き上げたことが好感された。
    中型株では建設のガリフォード・トライが3.6%高だった。建設大手カリ
リオンが前年に破綻したことで打撃を受けてきたが、この日は住宅建設のボビス・ホーム
ズによる買収提案を拒否したとの報道が買い材料となった。
    旅行大手トーマス・クックは21.2%急騰した。航空事業に対する買収提
案を受けたという発表を理由に、ベレンバーグが投資判断を「売り」から「ホールド」に
引き上げたことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below