for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、インフレ懸念で売り

    [18日 ロイター] - ロンドン株式市場は反落して取引を終え
た。4月の英消費者物価指数(CPI)が前年同月比9.0%上昇と1
982年以来の大きさになり、物価高騰による景気悪化への懸念が強ま
って売りを誘った。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.58%下げ
た。
    4月の英CPIは、エネルギー料金の大幅上昇が最大の押し上げ要
因となった。
    17日に発表された英国の2022年1─3月の失業率は1974
年以来の低水準となり、イングランド銀行(英中央銀行)はインフレ抑
制のために利上げを続ける必要があるとの見方を強めた。
    JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル市場ストラテ
ジスト、アンブローズ・クロフトン氏は「消費者が既に苦しい状況にあ
る時に、英中銀があまりに早く政策金利を引き上げれば、需要が圧迫さ
れて景気後退に陥るリスクがある」とする一方、「何もしなければ、イ
ンフレ期待が高止まりし、より継続的に賃金が上昇するという悪循環を
引き起こすリスクがある」と述べた。
    英食品大手プレミアフーズは10.1%上昇し、中型株の
中で逆行高となった。原価の上昇に対応する計画の一環として、商品の
値上げを発表したことが好感された。   
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 FTSE100種        7438.09   -80.26  -1.07    7518.35          
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up