for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、インフレ懸念で売り

    [6日 ロイター] - ロンドン株式市場は反落して取引を終えた
。インフレ進行への懸念が相場を圧迫した。FTSE100種
の下落率は8月中旬以来、約1カ月半ぶりの大きさとなった。
    FTSE350種石油・ガス株指数と鉱業株指数<.
FTNMX551020>がそれぞれ2.64%と1.69%下落し、相場全体を押
し下げた。
    英商工会議所(BCC)による最近の四半期調査によると、コスト
圧力が上昇し続ける中、値上げを計画している国内の製造業企業の割合
が約30年ぶりの高さとなった。
    エネルギー価格の高騰、供給制約、労働者不足を背景にインフレ懸
念が高まり、株価の重しとなっている。中央銀行は物価上昇圧力を抑制
するため、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中で
導入した景気下支えのための金融緩和策を縮小し、利上げをしようとし
ている。
    エクイティ・キャピタルのマクロエコノミスト、スチュアート・コ
ール氏は「英景気の回復鈍化が示されていると同時に、今後のインフレ
圧力の高まりに対する大きな懸念がある。当然のことながら、スタグフ
レーションへの不安も強まっている」と述べた。
    インフレ圧力の高まりを受けて英国債利回りが1.1%を超え、2
019年春以来の高水準となったことから、銀行株指数
は1.08%上昇した。
    好調だったのは金融大手HSBCで3.4%上げた。UB
Sが投資判断を「中立」から「買い」に引き上げたことが材料視された
。
    英スーパーマーケット大手のテスコは5.9%上昇。上半
期の堅調な利益を受けて、通期の業績見通しを引き上げたことが好感さ
れた。
    利益見通しを上方修正した人材紹介会社のページグループ
は7.8%上昇した。
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       6995.87   -81.23  -1.15    7077.10          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up