for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、ディフェンシブ銘柄に売り

    [20日 ロイター] - ロンドン株式市場は反落して取引を終え
た。ディフェンシブ銘柄が売られたのが相場を押し下げた。英国のイン
フレ率が40年4カ月ぶりの大きさとなり、イングランド銀行(英中央
銀行)が8月に通常より大幅な利上げに踏み切る可能性が高まった。
    英日用品のユニリーバ、ブリティッシュ・アメリカン・タ
バコ(BAT)、英製薬のアストラゼネカは1.3─
2.8%下落した。
    6月の英消費者物価指数(CPI)は前年同月より9.4%上昇し
、伸び率は1982年2月以来の大きさとなった。これに伴い、英中銀
が8月に政策金利を0.5%ポイント引き上げる可能性が高まった。[n
L4N2Z118T]
    HSBCアセット・マネジメントのマクロおよび投資ストラテジス
ト、フセイン・メフディ氏は「生活費の高騰は英国の消費者主導の経済
に著しい圧力をかけている。これは景気後退のリスクが高いことを意味
する」とし、「それにもかかわらず最近の経済指標は依然として労働市
場が過熱し、国内のインフレ圧力を高める要因となっていることを示し
ており、賃金・物価スパイラルの進行リスクを抑えるために英中銀は超
タカ派的姿勢を維持する可能性が高い」と述べた。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.61%高。
    市場関係者は、ジョンソン英首相の後任を選出する与党保守党の党
首選にも注目している。最終候補は、スナク前財務相とトラス外相の2
人に絞られた。
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 FTSE100種           7264.31    -31.97   -0.44     7296.28          
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up