Reuters logo
ロンドン株式市場=反落、ポンド高が重しに
2017年9月12日 / 17:27 / 8日前

ロンドン株式市場=反落、ポンド高が重しに

    [ロンドン 12日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比        %   前営業日終値  コード
 FT100種                  7400.69     -12.90     -0.17        7413.59          
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。住宅建設株が売られたほか、8月の英消
費者物価指数(CPI)が市場予想を上回ったことを受けたポンド高も相場の重しとなっ
た。
    ポンドはドルに対して約1年ぶりの高値をつけ、ドル建てで収益をあげる企業の株が
値を下げた。
    中型株の建設会社レッドロウは8.3%下落した。会長兼創設者のスティー
ブ・モルガン氏と、同氏のチャリティ財団がレッドロウの保有株2590万株を売却した
ことが嫌気された。
    英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る国民投票以降最も打撃を受けて
いる住宅建設部門に対する不安が漂い、テイラー・ウィンペイとバラット・デベロ
ップメンツ、パーシモンは1.4%から2.0%の連れ安となった。
    トレーダーらは、前週に住宅大手のバークレー・グループ・ホールディングス<BKGH.
L>の株が売却されたことも部門に対する圧力を示すと指摘した。
    バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)は同部門に関して、全てのプラ
ス要因は織り込み済みで株価が高く評価されていることへのリスクを警告した。
    一方、建機レンタルのアシュテッドは4.5%上昇した。第1・四半期決算
で利益が市場予想を上回ったほか、米市場でリース収入が上がったことが好感された。同
社はハリケーン「ハービー」と「イルマ」で建機需要が増えるとの見方を示した。
    中型株ではスポーツウエアのJDスポーツ・ファッションは9.0%上昇し、
4年近くぶりの大幅プラスとなった。上半期利益が過去最大となったことが好感された。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below