August 29, 2018 / 5:48 PM / 24 days ago

ロンドン株式市場=反落、ポンド高が重し

    [ロンドン 29日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7563.21   -54.01  -0.71   7617.22          
 
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官
が、EUを離脱する英国と密接な関係を築く用意があると表明したことでポンドが上昇し
、ドルで収益を上げる銘柄が多いFTSE100種の重しとなった。
    マーケッツ・ドットコムの首席市場アナリスト、ニール・ウィルソン氏は「バルニエ
氏の発言は、英国のEU離脱交渉において明らかにプラスだ。年末までに何らかの合意に
至ることを示唆する」と述べた。
    ポンド高を受け、生活必需品銘柄の値下がりが目立った。ブリティッシュ・アメリカ
ン・タバコ(BAT)と酒造大手ディアジオは1.4%と0.4%それ
ぞれ下落した。
    FTSE350種原油・天然ガス株指数は1.01%低下し、FTSE
100種の最大の押し下げ要因だった。個別銘柄では石油大手のBPとロイヤル・
ダッチ・シェルがともに約1%値を下げた。
    投資家らは株式に対して総じて慎重だった。米国とメキシコが大筋合意した北米自由
貿易協定(NAFTA)見直し案について、カナダが合意するかどうかが分からない状態
であることから、NAFTA再交渉を巡る期待が後退した。
    こうした中、高級車メーカー、アストン・マーチンは、年末までにロンドン証券取引
所へ株式を上場する計画を明らかにした。市場に対する前向きな見方の表れだ。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below