September 5, 2019 / 6:39 PM / 15 days ago

ロンドン株式市場=反落、ポンド高で輸出株売られる

    [5日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 FTSE100種          7271.17   -40.09   -0.55    7311.26          
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。ポンド高を受け輸出株
が売られた。
    ポンドはここ2日間で、10カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。
英議会は10月31日に英国を合意なしで欧州連合(EU)から離脱さ
せようとするジョンソン首相の動きを阻止する法案を可決した。合意な
き離脱への懸念が後退し、ポンドを押し上げた。
    国際的な銘柄である酒造大手のディアジオと製薬のアスト
ラゼネカ、同グラクソ・スミスクライン(GSK)は約
3%値を下げた。
    米中が10月に通商閣僚協議を開くことで合意し、米国や欧州株式
市場では株価が上がった。リスク資産が買われる中、比較的安全な資産
とされる金が値を下げ、金・銀生産のフレスニロは5.8%下
落。FTSE100種で最も大幅に落ち込んだ。
    一方、工業株は買われた。防衛大手BAEシステムズとエ
ンジンメーカーのロールスロイスはともに約1%値を上げた。フ
ランスの航空機エンジンメーカーのサフランが利益見通しを引
き上げたことや、フランスの戦闘機メーカー、ダッソー・アビアシオン
が売り上げ目標の引き上げ確認したことが買い材料だった。
    ロンドンの新興企業向け株式市場、AIMに上場するオンラインフ
ァッション販売のブーフーは15.1%急騰し、過去最高値を
つけた。通期の売り上げ見通しを引き上げたことが好感された。
    中型株では、銀行のCYBGが21.4%急落し、過去
最安値をつけた。支払補償保険の不適切販売を巡る引当金を増やす見込
みだとの発言が不安視された。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below