February 13, 2020 / 6:38 PM / 6 days ago

ロンドン株式市場=反落、ポンド高で輸出株売られる

    [13日 ロイター] - 
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 FTSE100種        7452.03   -82.34  -1.09    7534.37          
 
    
    ロンドン株式市場は3営業日ぶりに反落して取引を終えた。ポンド高に伴い輸出銘柄
が売られた。ジャビド英財務相が辞任し、後任のスナク財務副大臣の下で来月発表される
予算案がより歳出拡張的になるとの見方からポンドが値を上げた。
    英国のジョンソン首相はこの日、内閣改造を行い、ジャビド財務相を事実上更迭した
。欧州連合(EU)を巡る方針を浸透させることを狙った人事刷新で、首相は自らの求心
力を高めたい意向。
    電力・ガス大手セントリカがは15.3%急落。2019年の利益が3分の
1超減ったことが嫌気された。
    銀行大手のバークレイズは1.7%安だった。最高経営責任者(CEO)と
、児童売春の罪で起訴され拘留中に死亡したエプスタイン氏との関係について、英金融行
動監視機構(FCA)が調査しているとの報道が不安視された。
    中国で新型コロナウイルスの感染者が1万人以上増え、過去最高の伸びとなった。中
国当局は肺炎の感染者の公表対象に、肺のコンピューター断層撮影装置(CT)による簡
易な臨床診断を含めることとし、感染者数の伸びが拡大した。感染拡大が直に頭打ちとな
るとの期待が後退した。
    CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「中国は世界最大の原油輸
入国であることから、コロナウイルス危機への懸念が再燃する中で石油大手のBP
やロイヤル・ダッチ・シェルなどが打撃を受けた」とし、BHPやリオ
・ティント、アングロ・アメリカンなどの資源株も値下がりしたと述べた
。
    また、「FTSE100種は、ポンド高によって製薬大手グラクソ・スミスクライン
(GSK)や日用品のユニリーバなどの国際的な銘柄も売られ、ダブル
パンチを食らった」と語った。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below