January 20, 2020 / 5:40 PM / a month ago

ロンドン株式市場=反落、利下げ観測の高まりで銀行株に売り

    [20日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7651.44   -23.12  -0.30   7674.56          
 
    
    ロンドン株式市場は反落して終了した。欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が再燃した
ことに加え、英中銀の利下げ観測が高まっていることが重しとなった。   
    FTSE100種は前週17日の取引で約6カ月ぶりの高値に迫ったが、こ
の日は0.3%安で終了。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のほ
か、原油価格の上昇にもかかわらず石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルやエネル
ギー大手BPなどが売られたことが押し下げ要因となった。     
    このほか、イングランド銀行(英中央銀行)がEU離脱前日の30日に開く金融政策
委員会で利下げを決定するとの観測が高まる中、ロイズ・バンキング・グループ
やロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)などの銀行に売りが出た
。ただ、低金利が追い風になるとしてパーシモン、バラット、バークレ
ーなどの住宅建設株は買われた。
    この日はジャビド財務相がEU離脱後の通商を巡る交渉で英国はEUのルール順守に
コミットしないと発言したことが相場の重しとなったが、米市場がキング牧師生誕記念日
の祝日のため休場で商いは薄く、FTSE100種などの主要指数の下落は限定された。
    CMCマーケッツのアナリスト、デビッド・マッデン氏は「様子見姿勢が強かった」
とし、「市場で注目されるような欧州発のニュースは少なく、薄商いとなった」と述べた
。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below